ThinkDesign デモギャラリー

 GSM 

このページでは ThinkDesign を代表するグローバルシェイプモデリング(GSM)の様々な機能を動画でご紹介します。​

  • グロバールシェイプモデリング1(スプリングバック補正)

形状の左端を固定し、右端を押さえて、下に下げます。
変形前後で、面間の接続(連続性)は保たれます。

  • グロバールシェイプモデリング2(曲線との連動)

クルマのモデルのフェンダーを変形します。

  • グロバールシェイプモデリング3(インポートしたデータの変形)

指定した位置まで形状を変形します。

変形対象は ThinkDesign 以外のソフトで作成したデータでも構いません。ThinkDesign にインポート後は ThinkDeisgn で作成したデータでも区別無く処理することができます。

  • グロバールシェイプモデリング4(形状の維持)

特定の方向から見た形状を維持しながら曲面を変形します。

  • キャッピング

形状の穴を埋めます。

作成する面が通過する条件を指示するだけで面を作成することができます。

  • GSMベンド1

形状の一部を曲げます。

基準線を指定するだけでダイナミックに形状を曲げることができます。変形する部分と変形しない部分とは曲率連続で滑らかに接続します。

  • GSMベンド2

形状全体を曲げます。
曲げの様子を確認しながらダイナミックに変形させることができます。

  • グローバルシェイプモデリング5(インタラクティブに変形)

形状のある1点を引っ張りながら、全体をダイナミックに変形します。形状下端は、位置と接線の方向を保つように指定しています。

  • グローバルシェイプモデリング6(目標のハイライト)

目標のハイライトを指定して曲面を修正します。修正後の面は指定したハイライトを持つようになります。

  • グローバルシェイプモデリング7(スパインツイスト)

スパイン(軸)のまわりに回転角度を指定して形状を変形します。角度指示でスプリングバックなどの見込み変形を行うことができます。

  • グローバルシェイプモデリング8(フィレット逃がし)

フィレット形状の「半径」を小さくします。枝分かれやリング上の形状も自動的に処理します。また複数の島に分かれたフィレット群も同時に処理することができます。

  • AMD1(メッシュに一致するよう変形)

ThinkDesign には、FEM 解析前後の点群データを元に形状を変形する Compensator、3次元測定器などで測定したメッシュと CAD 形状で形状を変形する AMD/CMD といった変形機能があります。これらの機能は、主としてプレス金型のスプリングバック補正などに利用されます。ここでは、メッシュに対して CAD 形状を一致させる AMD(Adapt on Measured Data)をご紹介します。

  • グローバル平面変形

ある平面内で要素を変形します。変形は制御点を使用し、面の制御点編集のように行います。