top of page

T3Japan tools トピック第2回: ワイヤー/シェーディング切り替え

今回ご紹介するのは「ワイヤー/シェーディング切り替え1」です。


このコマンドは、画面の表示が

ワイヤーフレーム表示以外だったとき → ワイヤーフレーム表示に切り替え

ワイヤーフレーム表示だったとき → シェーディングとエッジ表示に切り替え

と動作します。

つまり、「ワイヤーフレーム表示」と「シェーディングとエッジ表示」をワンタッチで切り替えることを主眼としたコマンドです。


しかし、画面表示の切り替えは標準機能にもありますよね。それとの違いは???


標準機能はプルダウンメニューから個別にコマンドを選択するようになっていて、その点が相違点の1つですが、それ以外に、キーボードショートカットを設定すると違いが分かります。


キーボードショートカットは、ツール → カスタマイズ コマンドの、ショートカット タブで設定します。

T3Japan tools のコマンドはほとんどメニューに割り付けてありますので(ツール → T3Japan tools 以下)、このコマンドでキーボードショートカットを設定することができます。上記の例では「D」に設定しています。


このように設定すると、「D」のキーを押す度に表示が切り替わります。

つまり、表示状態を切り替えたい場合はD を押す。また、D を連続して押すとワイヤーフレーム表示とシェーディング+エッジ表示が順次切り替わります。


標準機能で同様のことをしようと思うと、ワイヤーフレーム コマンド、シェーディングとエッジ コマンドにそれぞれ別のキーを割り当て、状態に応じて両者を使い分ける、という操作になります。単に D を押せば良いだけに比べると、「状態に応じて使い分ける」部分がちょっと面倒に感じられるかもしれません。


なお、姉妹品に ワイヤー/シェーディング切り替え2、レンダリングモード切り替え があります。


ワイヤー/シェーディング切り替え2 では、ワイヤーフレーム、シェーディング、シェーディング+エッジ の3つの表示を順次切り替えます。


レンダリングモード切り替え では、基本レンダリングモード、高品質レンダリングモード、高品質+材質レンダリングモード を順次切り替えます。


機能が増えると簡潔さが減っていく傾向がありますが、同様にキーボードショートカットを設定して使用することができます。

ご利用ください。

thinknews vol.777(2023年8月28日配信)

Comments


bottom of page