上面(ワークプレーン基準) 

表示 → ビュー方向 → 上面(ワークプレーン基準)

 左側面(ワークプレーン基準) 

表示 → ビュー方向 → 左側面(ワークプレーン基準)

 正面(ワークプレーン基準) 

表示 → ビュー方向 → 正面(ワークプレーン基準)

 右側面(ワークプレーン基準) 

表示 → ビュー方向 → 右側面(ワークプレーン基準)

 背面(ワークプレーン基準) 

表示 → ビュー方向 → 背面(ワークプレーン基準)

 底面(ワークプレーン基準) 

表示 → ビュー方向 → 底面(ワークプレーン基準)

現在のワークプレーンを基準に、上面や正面、側面などのビューに変更します。

​(標準のビュー方向の変更コマンドは、ワールド座標系基準でビューを変更します。)

 Automotive View 

表示 → ビュー方向 → Automotive View

コマンドを起動すると下のダイアログを表示し、自動車向けのビュー変更を行うことができます。

ビュー変更のほか、下部のボタンでパース表示のオン/オフ、バーチャルミラーのオン/オフを切り替えることもできます。

 ワイヤーフレーム表示 

表示 → 表示方法 → ワイヤーフレーム表示

 シェーディング表示 

表示 → 表示方法 → シェーディング表示

要素個別にワイヤーフレーム表示にしたりシェーディング表示に戻したりします。

​表示を変更したい場合は、要素を選択してダブルクリックするか、コンテキストメニューから「選択終了」を選択します。

 ワークプレーンでクリップ 

表示 → 表示方法 → ワークプレーンでクリップ

カレントワークプレーンのXY平面でクリップ(断面表示)します。実行する度に、断面表示のオン/オフを切り替えます。プロファイル編集の時などに一時的に使うと良いでしょう。

 ワイヤー/シェーディング切り替え1 

表示 → 表示方法 → ワイヤー/シェーディング切り替え1

 ワイヤー/シェーディング切り替え2 

表示 → 表示方法 → ワイヤー/シェーディング切り替え2

ワイヤー/シェーディング切り替え1では、実行する度に「ワイヤーフレーム表示」と「シェーディング+ワイヤーフレーム表示」の2者を切り替えます。

ワイヤー/シェーディング切り替え2では、実行する度に「ワイヤーフレーム表示」、「シェーディング表示」、「シェーディング+ワイヤーフレーム表示」の3者を切り替えます。

​キーボードショートカットに登録すると良いでしょう。

 レンダリングモード切り替え 

表示 → 表示方法 → レンダリングモード切り替え

実行する度に「基本レンダリングモード」、「高品質レンダリングモード」、「高品質+材質レンダリングモード」の3者を切り替えます。

​キーボードショートカットに登録すると良いでしょう。

 表示/非表示の反転 

表示 → 表示方法 → 表示/非表示の反転

表示している要素を非表示にし、非表示になっている要素を表示します。

 すべて非表示 

表示 → 表示方法 → すべて非表示 →

 すべて 
 点 
 曲線 
 曲面 
 ソリッド 
 コンポーネント 
 プロファイル 
 駆動寸法 
 メッシュ 

要素ごとに一括して非表示にします。

 すべて表示 

表示 → 表示方法 → すべて表示 →

 すべて 
 点 
 曲線 
 曲面 
 ソリッド 
 コンポーネント 
 プロファイル 
 駆動寸法 
 メッシュ 

要素ごとに一括して表示します。

 グリッド切り替え 

表示 → グリッド切り替え

実行する度に、「非表示ダイナミックグリッド」と「参照グリッド(番線)」を順次切り替えます。
キーボードショートカットに割り当てるなどしてご使用ください。

© 2020 T3Japan