ThinkDesign 図面 

このページでは、図面の作成方法について簡単にご紹介します。

  • 3次元モデルから3面展開

図面を作成したいモデルを開いた状態で「カレントモデルの図面」を選択します。​

表示される「図面コンフィグレーション」ダイアログで投影図の作成方法や図面枠などを設定すると、3次元モデルを参照した新しい図面を作成します。

  • 寸法

各投影図は「プロパティ」から設定を行うことができます。

例えば寸法を表示したり、隠線を表示したりすることができます。

寸法は、投影図/モデルフィルター/モデルの寸法フィルター より表示したい寸法を選択し、

投影図を再生成 すると表示されます。

寸法は、寸法再配置コマンド を使用すると、システムがある程度自動的に再配置します。

投影図をダブルクリックするとその投影図が「カレント」に設定され、投影図の中を編集することができるようになります。

寸法は、ドラッグして位置を調整 することができます。

また、寸法のコンテキストメニューから「投影図変更」を選択すると、表示する投影図を変更することができます。(移動先の投影図は寸法を表示する設定である必要があります。)

また、必要に応じて、手動で 寸法 を追加します。

寸法の追加は、3次元でモデル作成時にプロファイルに寸法拘束を追加したものと同じ「寸法」コマンドを使用します。

その他必要に応じて、各寸法の プロパティ から、各要素の設定を変更します。

​このような手順で、投影図を仕上げていきます。

  • 断面図

必要に応じて、断面図拡大図 などを追加することができます。

例えば断面図は、はじめに「図面上での​断面の定義」から、

投影図上で 切断する位置を指定 し、

配置される切断線のコンテキストメニューから 断面図 を選択すると作成することができます。

  • モデルなしで作図

3次元モデルを参照せず、2次元単体で図面を作成することができます。

​「テンプレートからの図面」を選択すると、新しい空図面が開きます。

メニューから 挿入/図面枠と表題欄 コマンドを選択すると、用紙サイズや縦横などの設定を指定しながら、図面枠と表題欄を図面内に配置することができます。その後、任意の図面を作成します。作図や編集は、3次元環境で使用するものと同じコマンドを使用します。

  • グループ

2次元環境では、作成した複数の要素をまとめて「グループ」として扱うことができます。

例えば記号などをグループ化し、ライブラリに保存 することができます。

ライブラリからは ドラッグ&ドロップで適用 することができます。

グループは、共有グループ として作成すると、

個別にファイルとして保存し、同じグループを 複数の図面で共有 することができます。

  • e-Learning

本ページの内容については、e-Learning の以下の項目もご参照ください。

●2次元製図の基本
●2次元製図-オプション、プロパティ、スタイル
●図面レイアウト
●図面作成1
●図面作成2
●図面作成3

​また、「印刷の設定」と「図面枠/表題欄のカスタマイズ」については、インストールガイド の「付録」のページをご覧ください。インストールガイドは こちらのページ からダウンロードすることができます。

次は「曲面」へ。

© 2020 T3Japan