ThinkDesign 曲面 

このページでは、曲線や曲面について簡単にご紹介します。

  • 曲線

3次元空間上に 自由に曲線を作成 することができます。​
この際には、画面上に 曲率をプロット して分析しながら作図することができます。

​(コマンド: 挿入/曲線/制御点、ツール/情報/曲率)

インポートした低品質な曲線は フィッティング して高品質化することができます。

​(コマンド: 挿入/曲線/フィット)

要素の 境界線 や、断面 を曲線として取り出すことができます。

​(コマンド: 挿入/曲線/断面線)

対象の要素には メッシュ も選択することができます。

​(コマンド: 挿入/曲線/境界線)

作業空間には 画像 を読み込み、トレース することができます。

​(コマンド: 挿入/イメージ)

  • 面上線

内部的に曲面の情報を持った「面上線」を作成することができます。

面上線は曲線として取り扱うだけでなく、元の曲面の 接線や曲率を参照 することができます。

  • 曲面

用途に応じた多くの一般的な曲面作成/編集コマンドを用意しています。

例えば、曲線を一定方向へ掃引する「直線スイープ面」コマンド、

(コマンド: 挿入/曲面/直線スイープ面)

複数の曲線を繋いで面を作る「ロフト面」コマンドなどがあります。

(コマンド: 挿入/曲面/ロフト面/自動)

特にロフト面コマンドは、このコマンドだけで数多くの状況に対応します。

編集コマンドでは、例えば他の面への連続性を修正する「位置/連続性」コマンド、

(コマンド: 修正/曲面/位置/連続性)

曲面をトリムする「境界要素でトリム」などがあります。

(コマンド: 修正/曲面/境界要素でトリム)

  • 連続性

曲面のモデリング上ではたいへん重要な要素間の 連続性定性的 に、​

​(コマンド: ツール/情報/ゼブラ)

または 定量的 に確認しながら作業することができます。

​(コマンド: ツール/情報/連続性チェック)

  • 関連付け

曲線や曲面は、「関連付けモード」オプションの選択で、作成履歴の「有り」でも「無し」でも、どちらの状態でも作業することができます。

関連付けモード」で作成すると、要素の変更に他の要素が連動します。

このような動作は便利なときもありますが、場合によってはとても煩わしいこともあります。


ThinkDesign では 作成履歴有りでも無しでも作業できる ようになっています。

​(任意のタイミングで履歴を削除することもできます。)

  • ハイブリッドモデリング

どんな曲面でも1面から「ソリッド化」することができ、ソリッドの機能である フィーチャーや集合演算を適用 することができます。

​(コマンド: 挿入/ソリッド/ソリッド化)

この際のソリッドは 閉じている必要はありません。

(「関連付けモード」で作成した曲面はソリッドになります。)

  • e-Learning

本ページの内容については、e-Learning の以下の項目もご参照ください。

●サーフェス基本編1
●サーフェス基本編2
●サーフェス応用編
●サーフェス入門
●スケッチから曲線へ1
●スケッチから曲線へ2
●サーフェスモデリング1
●サーフェスモデリング4
●関連付け曲面を使ったモデリング

次は「ISM」へ。

© 2020 T3Japan